兎にも猫にも

兎にも角にも…描いていくブログ

国バラに初めてのバラを買いに行った。

私、兎に猫は園芸と言うか、草花が好きだ。

好きな事を知っている旦那が、水耕栽培キット買ってくれたりした。

今度一軒家を買うことになったので、ウキウキ気分で一番好きな《紫陽花》や、結婚式のブーケに使った《ダリア》などを、アパートの狭いベランダに最近植えた。

そして、バラも欲しくて、バラ園行きたいなぁと思っていたら、所沢の西武プリンスドームで国バラの開催されると言う事で、旦那を引っ張って行くことにした。

 

 

野球場にところ狭しとある花たち 

今日5月13日は生憎の雨。

雨が嫌いな旦那はついた時点でかなり不機嫌だったが、入って見回ると様子が違った。

バラの香りがいい匂いで気に入った様子だったのだ。

私達の目的は、旦那の母に送るつるバラを見つけるのと、おまけで私宛のバラを買ってもらう事。

旦那の母は、豪雪地帯在住の為強い苗を探さなければ行けないが、素人が分かるはずもなく、適当に行った販売ブースでつるバラの苗を買った。

赤いバラとコロンとしたピンクのバラ。店員さんが選んだ候補の中から、旦那に選ばせた。旦那の母だし(笑)

 

初めてのバラを買う

 

いろんなブースや展示をプラプラ見た後、私にバラ苗を買ってくれるというので、これまた適当に販売ブースに行った。

おじさんがオバちゃん達に囲まれて、話しているブースだった。

どうも有名人の様だ。

兎に猫「すみません。初めてバラを育てるのですがおすすめでいい香りのバラを教えてくれませんか?」

おじさん「ここらへんのバラたちは育てやすく、ダマスクローズ系の香りとフルーティな香りでいい匂いだよ。」

すごく嬉しそうで、愛嬌のいい笑顔を見せてくれながら、丁寧に教えてくれた。

私が真面目に選んでいると、

おばちゃん「写真取らせて!」

と、おじさんの写真を撮ったり、パンフレットにサイン書いていたりしていた。

どうも有名人の様だ。

兎に猫「じゃあこの品種のバラでお願いします。」

 

 

f:id:cat-labbit:20170514004825j:plain

 

オレンジのようなピンクのような不思議な色をしたバラの《かおりかざり》。

残っている《かおりかざり》は大苗と呼ばれる大きく育っている鉢のみ。

その中から蕾がたくさんついた、元気なバラを選んでくれてレジで買った。

 

車の中で、

旦那「あのおじさん、テレビとか出てるらしいよ。おばさんたちが騒いでいた」

そんな事を聞いて、慌てて調べると、京阪園芸ガーデナーズの小山内さん。

確かに有名人でした…。

薔薇のソムリエ小山内健さんの紹介 京阪園芸ガーデナーズ WEBショップ

 

ちょっとサイン貰えばよかったと思ったのは内緒(笑)

 

いい人に出逢って、良い苗選んでもらえて、ホクホク顔で家についた。

 

早速感じるバラの香り

 

家に帰って、最初に内向きに葉っぱが生えているのは、どの植物も共通で選定しているので、早速チョキチョキ。

 

旦那「トゲ嫌だから取ってよ」

取って良いものか分からないが、まあ気持ちはわかると、取れそうなトゲもチョキチョキ。

割りとスッキリした、《かおりかざり》。

 

f:id:cat-labbit:20170514004909j:plain

 

雨でベランダが濡れているから玄関に苗をおいているが、夜8時に予定があり、外に出ようとすると、どうも蕾が少し開いている…。

 

f:id:cat-labbit:20170514004919j:plainf:id:cat-labbit:20170514005252j:plain

 

温かいせいだろうか?

そして、予定が終わり家に帰ると、ふわ〜んと、いい香りがする。

ああ、これが言っていた、いい香りかぁと、思いつつ。旦那と一緒に心が癒やされたのだった。

 

こんな感じで、初めてのバラ《かおりかざり》をお迎えした。