兎にも猫にも

兎にも角にも…描いていくブログ

家を建てるまでの話 その①

私たち夫婦は、2017年6月1日で紙婚式…つまり結婚して1年目を迎える。

旦那は「結婚は墓場だ(笑)」とツイッターで呟いたりしているが、理由が分かる話が1つある。

それは、本日5月29日は新居(一軒家)の着工日という記念日のような日。

つまり、住宅ローンを組んだってことだろう。

そんなつぶやきを見て私は、どうせなら、家を建てる話をしてみようと思う。

 

 

家を建てるまでの話。

ことの始まりは旦那の一言からはじまった。

 

旦那「家欲しいけどローンがなぁ…。でもアパートももったいない…。」

 

それを1年近く、うだうだ言っている旦那にしびれを切らした私は、リアルにお尻を蹴っ飛ばして「スーモカウンター」に電話させた。(2017年1月上旬)

「すぐ行くぞっ」キレていた私のと言うことで近場のスーモカウンターを予約した。

 

スーモカウンターに行く

 

まず一番の懸念事項のローンが組めるか聞いた。なぜなら旦那はフリーランスで、私は当時派遣だった。

結果はフラット35なら余裕」という回答。

たまたま注文住宅専門のスーモカウンターだったのが、土地もない私たちはハウスメーカーに土地を探してもらうことにした。

その為4つのハウスメーカーを紹介してもらった。

(この時マンションと建売も考えていたが、結局1軒屋建てるので割愛)

 

その後1ヶ月かけて4つのハウスメーカーを巡り、営業マンを気に入ってミサワホームをメインで考えていた。

ただし、土地は決まっていない(笑)

 

そんな中、旦那の実家に帰省したとき、風向きが変わった。(2月の中旬頃)

 

 

旦那のおじさんは現役大工さんだった

 

旦那の実家(東北地方)に帰った夜。

お義母さんの従兄弟(旦那から見ておじさん)がきていた。

義祖父は大工さんだったのは知っていたがおじさんは現役の大工さん。

このおじさんに仕事先の1つのハウスメーカーを紹介してもらった。

 

その名はアエラホーム」

 

そして紹介してもらったら店長と副店長がやってきた…。

気合入りすぎぃ!

 

そんなこんなでミサワホームVSアエラホームが始まった。

 

 

その②に続く